CentOS6 NIC変更時 勝手にネットワークインターフェースが追加される 対策
1月 13, 2014 — 23:03

ESXi5などでCentOS6シリーズな仮想マシンをコピーするとMACアドレスが変わり起動時に勝手にネットワークインターフェースが追加されるので勝手に追加されないようにするシェルスクリプトを書いてみた

#!/bin/sh
RULE="/lib/udev/rules.d/75-persistent-net-generator.rules"
CONT="$(sed 's/^[^#]\(.*\)write_net_rules/#\1write_net_rules/g' $RULE)"

echo "*********************************************************"
echo "[EDTITNG RULE FILE]"
echo "${RULE}"
echo "[ORIGINAL]"
cat  "${RULE}" | grep "write_net_rules"
echo "[CHANGING]"
echo "${CONT}" | grep "write_net_rules"
echo "*********************************************************"
echo -n "CHECK EDIT FILE [y/N]:"
read CHECK_CODE

if [[ "$CHECK_CODE" =~ ^(y|yes)$ ]]; then
        echo "${CONT}" > "${RULE}"
        echo "DONE"
else
        echo "CANCELED"
fi

参考URL
SIOS "OSSよろず" ブログ出張所: CentOS 6 系で NIC 交換すると eth0 と認識されない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)