CentOS5.7 Apache2 DOS攻撃対策
12月 29, 2012 — 21:14

DOS攻撃の対策モジュールを変更したのをメモするのを忘れていたのでメモしておきます。

旧記事
Dosアタック対策 Apache2 Vine Linux

# wget http://ncu.dl.sourceforge.net/sourceforge/moddosdetector/mod_dosdetector-0.2.tar.gz
# tar xvzf mod_dosdetector-0.2.tar.gz
# cd mod_dosdetector-0.2
# make
# make install

# vi /etc/httpd/conf.d/dos_attack.conf

RewriteEngine On
RewriteCond %{ENV:SuspectHardDoS} =1
RewriteRule .*  - [R=503,L]
ErrorDocument 503 "Server is busy."

AddType image/vnd.microsoft.icon .ico

DoSDetection On
DoSPeriod 60
DoSThreshold 70
DoSHardThreshold 90
DoSBanPeriod 7200
DoSTableSize 500
DoSIgnoreContentType ^(image/|application/|text/javascript|text/css)
ESXi5 コマンドから仮想マシンの電源を管理する
12月 14, 2012 — 18:32

対象の仮想マシンのIDを調べる
# vim-cmd vmsvc/getallvms

IDに各当する仮想マシンの状態を確認する(“ID”には数字が入る)
# vim-cmd vmsvc/power.getstate ID

IDに各当する仮想マシンの電源を入れる(“ID”には数字が入る)
# vim-cmd vmsvc/power.on ID

IDに各当する仮想マシンの電源を切る(“ID”には数字が入る)
# vim-cmd vmsvc/power.off ID

IDに各当する仮想マシンを再起動する(“ID”には数字が入る)
# vim-cmd vmsvc/power.reboot ID