ぴくぴくダウンローダ Ver β 03.03 Windows UNIX (MacOSX Linux) 対応
5月 27, 2011 — 12:32

ぴくぴくダウンローダ Ver β 03.03でのバグを一部修正しました。

更新内容
絵師さんのID指定時に次のページに移動しない事があるようなので修正しました。
(Pixivの仕様が変わったため?不明です)

当ソフトの特徴
・ブラウザでリンクを開かなくても自動で条件(タグ検索、ブックマーク数、絵師さんのID)を指定することで画像を収集します。

・最初HTMLファイルのみを取得し作品へのリンクを解析するためダウンロードする画像(Pixivへのアクセス)は最小限です。低負荷です。

・一度ダウンロードした作品はコミックはフォルダ分けされ管理されます。指定されたフォルダにある画像は多重ダウンロードを行いません。

・バッチファイル等にコマンドを記述し指定した時間に実行させることも可能です。(絵師さんの新しい作品を定期的に収集し同期します。)

Download
こちらのダウンロードページよりダウンロードをお願い致します。

動作例)
Windows 7 (検索ワード,ミク ブックマーク数,5以上)

MacOSX 10.6 (検索ワード,ミク)

Perlで簡易WEBサーバを書く
5月 26, 2011 — 8:50

なんとなく書いてみました。リファラやユーザエージェントとかそんなものは環境変数として取得できませんしForkもしません。とりあえず動かして一対一でHTMLファイルや画像ファイルを表示するだけです。ファイヤウォールを外せば他のパソコンからも閲覧できたりします。(危ないのでやらないようにw)

#!/usr/bin/perl -w
use FindBin;
use Socket qw/sockaddr_in inet_ntoa/;
use HTTP::Daemon;
use HTTP::Status;
 
# バッファリングしない
local $| = 1;
# 公開パス
my $public_path = "$FindBin::Bin"."/public_html";
my %in; # ブラウザからデータを受け取るハッシュを初期化

my $daemon = HTTP::Daemon->new(LocalAddr => '',LocalPort => "8080");
print "START SERVER $public_pathn";

while (my ( $client, $peer_addr ) = $daemon->accept){ # メインループ

    my ( $port, $iaddr ) = sockaddr_in($peer_addr); # PortとIPを取得する
    my $remote_addr = inet_ntoa($iaddr); # バイナリ状態のIPを変換する
    print "Access IP: $remote_addrn";

    while (my $request = $client->get_request){ # リクエスト処理ループ

        if ($request->method eq 'GET'){

            my $resource = $request->url->path;

            # GETで送られてきた情報を取得
            my $get_request = $request->url;
            my $get_data = ""; $get_data = $1 if($get_request =~ m/.*?(.+)/);
            &get_form($get_data) if($get_data);
            
            print "---> PATH: $resource GET: $get_datan";
            foreach my $key (keys (%in)){print "------> HASH: $key -> $in{$key}n";}

            if($resource =~ m/^/-_-/){ # インフォメーションページ
                my $header = HTTP::Headers->new( 'Content-Type' => 'text/html' );
                my $res = HTTP::Response->new( 200, 'OK', $header );
                $client->send_response($res);
                print $client "日本語でおk? PATH: $resource GET: $get_data IP: $remote_addrn";
            }elsif($resource =~ m//$/){ # ファイル名を省略していたらとりあえず"index.html"を表示する
                $client->send_file_response($public_path.$resource."index.html");
            }else{ # それ以外はファイルを探して表示
                $client->send_file_response($public_path.$resource);
            }

        }

    }

    $client->close;

}

sub get_form{
	%in = (); my ($get_data) = @_ ;
	foreach my $data (split(/&/, $get_data)) {
		my ($key, $value) = split(/=/, $data);

		$value =~ s/+/ /g;
		$value =~ s/%([a-fA-F0-9][a-fA-F0-9])/pack('C', hex($1))/eg;
		$value =~ s/t//g;

		$in{"$key"} = $value;
	}
}

ブラウザで適当にhttp://127.0.01:8080/-_-/ でアクセスすれば下記のような返答があると思います。
日本語でおk? PATH: /-_-/ GET: IP: 127.0.0.1

ぴくぴくダウンローダ Ver β 03.02 Windows UNIX (MacOSX Linux) 対応
5月 26, 2011 — 6:14

ぴくぴくダウンローダ Ver β 03.01でのバグを一部修正しました。

更新内容
前回のアップデートで設定ファイルをUNIXを意識しUTF-8Nに変更していましたがShift-JISに修正いたしました。
(メモ帳がUTF-8NをUTF-8に書き換えてしまい設定ファイルが読み込まれなくなる問題が起きたため修正)

Download
こちらのダウンロードページよりダウンロードをお願い致します。

動作例)
Windows 7 (検索ワード,ミク ブックマーク数,5以上)

MacOSX 10.6 (検索ワード,ミク)

UFT-8はフラグを付けたりとったりただでさえ面倒だと思ってたらBOMの問題も出てきましたよ。。。
やっぱりつくづくめんどくさい文字コードですorz

ぴくぴくダウンローダ Ver β 03.01 Windows UNIX (MacOSX Linux) 対応
5月 23, 2011 — 14:37

Pixivの作品(画像、コミック)を自動で収取するプログラムです。
※ Windows以外のOSではCUIで動作します。

更新内容
Windows UNIX (MacOSX Linux)で動作するようにアップデート・マニュアルの作成を行いましました。

動作例)
Windows 7 (検索ワード,ミク ブックマーク数,5以上)

MacOSX 10.6 (検索ワード,ミク)

Download
こちらのダウンロードページよりダウンロードをお願い致します。

Pixiv 画像 ダウンロード ぴくぴくダウンローダ Ver β 03.00 公開
5月 21, 2011 — 15:22

大まかな更新内容
*コミックのダウンロードでフォルダー分けするようになりました。(重複ダウンロード対策済み)
*多重ダウンロード対策の強化でPixivサーバへの負荷軽減を目指しました。
*ブックマーク数の制限でPixivの仕様が若干変更されているみたいなので対策しました。

cielavenir さん の修正していただいたソースを元に更新しました。

動作画面 タグ検索(ミク) ブックマーク数(5以上)で動作させております。

ダウンロード:ぴくぴくダウンローダ Ver β 03.00

Download
こちらのダウンロードページよりダウンロードをお願い致します。

P7H55-M BIOS設定
5月 20, 2011 — 10:51

BIOS SETUP UTILITY を起動させる。

とりあえず言語設定ができるようなので設定する。
MainのLanguage [English]を[日本語]へ。

オンボードGPU(iGPU)を使う設定を行う(PCI-E x16にRAIDカードを挿すとグラフィックボードと誤認するため)
詳細設定からInitiate Graphic Adapter を[PCI/iGPU]を選択。(何故か[iGPU]ではうまく動作しなかった。)

起動時にIDE用ディバイスを使わないのにスキャンされるのでスキャンしないようにする。
詳細設定からオンボードディバイス設定構成を選択しVT6415 IDE Controllerを[無効]にする。

停電時、電源復旧で自動起動するように設定する。(自動動時に確認としてF2を押すように促す保護機能を外す。)
電源からAnti Sure Supportを[無効]に設定。
APM Configurationを選択しAC 電源切断後の復旧モードを[Power On]に設定する。

RAIDカードの設定はHP SC40Geホスト バス アダプタ リファレンス ガイドを見る。
普段はこんな事はまとめないですが複数導入する予定なので次設定するとき設定し忘れが無いようにww

P7H55-M + i3(内蔵GPU) + CentOS5
5月 19, 2011 — 9:50

先日記述したとおりのパーツがひと通り揃った(RAIDカードは注文中なので除く)ので仮組みしてみました。

結論的には何も問題はありませんでした。

ただ、CentOS5.4ではNICやGPUにドライバが認識しませんでしたがCentOS5.6では普通に認識しました。

__追記__

HP SC40Ge(SAS3042EL)も設定すれば問題なく使える事が分かりました。

自作サーバの構成予定
5月 16, 2011 — 14:58

8月ぐらいには構築したいので構成を決めて想定されるなるべく正確な金額をだしてみました。
=========================================
ハードディスク
=========================================
Yahoo!オークション(ID:************)
WD3200JS 2,799円 x 4 *
送料 945円 *

合計 13,120円 *
=========================================

=========================================
一般ユーザ向けサーバ
=========================================
ドスパラ
SILVERSTONE SST-GD05B 7,980円 *
HuntKey Jumper350 350W 3,980円 *
送料 740円 *

BESTDO! 通販部
P7H55-M 5,940円 *
送料 740円 *

Yahoo!オークション(ID:************)
HP SC40Ge(SAS3042EL) 3,990円 *
通常プラッタへの加工費 1,000円 *
SFF-8484 to SATAのケーブル 1,400円 *
送料 740円 *

合計 25,770円 *
=========================================

=========================================
高負荷CGI専用サーバ
=========================================
購入予定
=========================================
EC-JOY
Core i5 680 BOX 25,679円
送料 450円

TSUKUMO
CMX8GX3M2A1600C9 8,380円
送料 0円

ドスパラ
SILVERSTONE SST-GD05B 7,980円
HuntKey Jumper350 350W 3,980円
送料 740円

BESTDO! 通販部
P7H55-M 5,940円
送料 740円

Yahoo!オークション(ID:************)
HP SC40Ge(SAS3042EL) 3,990円
通常プラッタへの加工費 1,000円
SFF-8484 to SATAのケーブル 1,400円
送料 740円

合計 61,019円
=========================================

* 印 購入完了

全て合わせて大体10万円くらいでしょうか高いです・・・当初の予想より遥かに高い金額・・・
それでも毎月何もしなくても3万円ほどの電気代が飛んでいることを考えれば・・・

省エネで処理能力を落とさず冗長性を保ち、なおかつLinuxに対応させる構成を決めるのは予想以上に大変です。
誰かマジで寄付してください!いくらでも喜びます>ω<。

二分探索の処理の様子を細かく見てみる
5月 13, 2011 — 17:37

二分探索の仕組みを詳しく見てみようと思う。サンプルコードはPerlで書いているがCやRuby、Javaなどほかの言語も似たようなものだと思う。

サンプルコード

#!/usr/bin/perl -w

# パラメータ
my $left = 0; my $right = 100; my $target = 140;
my @a; # 初期化

# 0~100までの数字を二倍しながら配列@aに追加
foreach my $i ($left..$right) {push(@a,$i*2);}

# 配列@aのリファレンスとその他引数を添えて二分探索関数を実行する
print &binary_search (@a , $left , $right , $target);

sub binary_search{
	# 配列@aのリファレンスと引数の受け取り
	my ($a , $left , $right , $target) = @_;
	# リファレンス$aを使い配列@aを読み込む
	my @a = @{$a};
	while($left <= $right){
		my $mid = int(($left + $right) / 2);
		if($a[$mid] == $target){
			return $mid;
		}elsif($a[$mid] < $target){
			$left = $mid + 1;
		}else{
			$right = $mid - 1;
		}
	}
	return -1;
}

変数や条件式の動きを追ってみると次のようになっていることが分かる。

$left $right $mid if($a[$mid] == $target)
0 100 (0 + 100) / 2 = 50 100 < 140 → 50 + 1 ($left)
51 100 (51 + 100) / 2 = 75 150 > 140 → 75 – 1 ($right)
51 74 (51 + 74) / 2 = 62 126 < 140 → 62 + 1 ($left)
63 74 (63 + 74) / 2 = 68 137 < 140 → 68 + 1 ($left)
69 74 (69 + 74) / 2 = 71 143 > 140 → 71 – 1 ($right)
69 70 (69 + 70) / 2 = 69 139 > 140 → 69 + 1 ($right)
70 70 (70 + 70) / 2 = 74 140 == 140 → END

二分探索の仕組みも分かったがPerlのリファレンスについても勉強になった。
一石二鳥ですね~

ベースバンドiPad用(06.15.00)のiPhone3GSの iOS4.3.3 紐なし脱獄
5月 6, 2011 — 18:45

ベースバンドiPad用(06.15.00)のiPhone3GSの iOS4.3.3 アップグレード方法 and 紐なしJB をメモします。

※ MacOSXでは何かうまくいかないのでWindowsで行いました。

iPhone3GS用公式ファームウエア(iOS4.3.2とiOS4.3.3)をそれぞれダウンロードします。
redsn0w 0.9.6rc14をダウンロードしてくる。

Fix Recoveryをダウンロードしてきます。もしかすると.dllが無いとか言われるかも知れない。。。探してきてください。

1.iPhoneをPCに接続します。

2.iTunesで普通に復元(アップデート)します。

3.終盤にエラー1605が発生するのでOkを押して復元を終えます。

4.再度DFU モードにし、Fix Recovery(iOS4.3用)を実行します。

5.復元が完了すると思います。

6.redsn0w 0.9.6rc14 を起動しiOS4.3.2を読み込ませる。先ほどiOS4.3.3に復元(アップデート)したiPhone3GSを接続し普通にJBする。

完了