eAccelerator ディスクキャッシュしない
5月 30, 2010 — 22:33

/ パーティション肥満化原因が/var/cache関連でしたのでeAcceleratorのディスクキャッシュを止めました。
又、メモリーを大量消費しないように16MBまでに制限しました。

# vi /etc/php.d/eaccelerator.ini

; Enable eAccelerator extension module
zend_extension = /usr/lib/php/modules/eaccelerator.so
; Options for the eAccelerator module
eaccelerator.cache_dir = /var/cache/php-eaccelerator
;eaccelerator.shm_size = 0
eaccelerator.shm_size = 16
eaccelerator.enable = 1
eaccelerator.optimizer = 1
eaccelerator.check_mtime = 1
eaccelerator.filter = ""
eaccelerator.shm_max = 0
eaccelerator.shm_ttl = 3600
eaccelerator.shm_prune_period = 0
;eaccelerator.shm_only = 0
eaccelerator.shm_only = 1
eaccelerator.compress = 1
eaccelerator.compress_level = 9
;eaccelerator.keys = "shm_and_disk"
eaccelerator.keys = "shm_only"
;eaccelerator.sessions = "shm_and_disk"
eaccelerator.sessions = "shm_only"
;eaccelerator.content = "shm_and_disk"
eaccelerator.content = "shm_only"
eaccelerator.debug = 0

eaccelerator.shm_only = 1
CPU使用率を監視しながら使用率が大幅に上がる場合等は考え直そうと思う。

ORSP ブラクラ判定 リファラ隠蔽 公式サービス提供開始
5月 21, 2010 — 21:33

http://jump.orsx.net/
リファラの隠蔽により掲示板等の設置場所をアクセス先の管理人に悟られなくする機能に加えブラウザクラッシャーや不快動画・画像、ウイルス、グロ画像、パス抜きサイト等のURLが含まれていた場合過去の経歴より判別し即座に警告表示を出す機能を追加しました。また今回、利用者自信も自分で危険なURLを登録することが可能です。よって自分でオリジナルの環境をカスタムすることが可能となっております。

利用例)
https://www.orsx.net/ へリンクしたい場合は下記の②通りの書き方が可能です
http://jump.orsx.net/www.orsx.net/blog/
http://jump.orsx.net/https://www.orsx.net/

このサービスはRental Orbit Spaceの公式サービスとして認定されております。

特定のサイトからのアクセスを強制転送させる
5月 6, 2010 — 6:48

リファラから特定のサイトからのアクセスか判断し、指定したページにリダイレクトする.htaccessを公開します。

例:2chからのアクセスをhttp://jump.orsx.net/リファラに転送させてジャンプ確認画面を表示させます。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_REFERER} .*ime.*$ [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_REFERER} .*2ch.*$ [NC]
RewriteRule ^(.*)$ http://jump.orsx.net/%{HTTP_HOST}/$1
</IfModule>