攻撃の多い国を自働遮断 CentOS 5.4
3月 8, 2010 — 22:37

いつもお世話になってる方法ですが今回はうざい国からのアクセスを全て遮断様の内容を若干発展させて自動的にデータベースを更新してくれるように設定しみました。

Redhat系用に作成した改造版countryfilter.plを下記のリンクを右クリックして保存する。
countryfilter
※拡張子を.plに変更してサーバの/rootへ転送する。

サーバ上から直接行う場合
# su –
# wget http://www.orsx.net/wp-content/uploads/2010/03/countryfilter1.txt
# mv countryfilter.txt countryfilter.pl

オリジナル自動化シェルスクリプトを下記のリンクから右クリックでダウンロードしてファイル名をcountryfilter.shへ変更する。
countryfilter_sh
ファイル名変更後サーバの/rootディレクトリへ転送する。

サーバ上から直接行う場合
# wget http://www.orsx.net/wp-content/uploads/2010/03/countryfilter_sh1.txt
# mv countryfilter_sh.txt countryfilter.sh

ここからはサーバ上で操作を行う
# chmod +x countryfilter.sh   ←実行権の投与
# mv countryfilter.sh /etc/cron.monthly/   ←月一回データベースを更新
動作チェックを行う場合は下記の一行を実行してみる。
※思いの他時間がかかると思われるが紅茶でもすすりながらゆっくりする。
# /etc/cron.monthly/countryfilter.sh

※おそらくVine Linuxでも同じように使える方法かと思う。

Comments:
  • 案外少ないコマンドで出来るんだねー。

    3月 18, 2010 — 17:37
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    (Spamcheck Enabled)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)