CentOS 5 バッファオーバーフロー攻撃 対策
8月 7, 2013 — 20:16

RadHat系OSにはexec-shieldというカーネルレベルでのバッファオーバーフロー攻撃防御機能があるので有効にする方法をメモしておきます。

現在の設定の確認
# cat /proc/sys/kernel/exec-shield
1

1:基本無効
0:無効
2:基本有効(実行ファイルごとに有効にする)
3:基本的に有効(実行ファイルごとに無効にする)

手動による設定
# echo 2 > /proc/sys/kernel/exec-shield

設定ファイルによる設定(下記を追記する)
# vi /etc/sysctl.conf

# Exec Shield provides protection of buffer overflow attacks
kernel.exec-shield = 2

この設定でexec-shieldを有効化しても監視対象のプロセスを再起動しなければ意味は無いようなのでOSごと再起動しておく必要があるようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)