Webアプリケーションファイアウォール mod_security を導入した上でmuninでApacheのグラフを表示させる方法
9月 5, 2011 — 14:37

中々、mod_securityを導入した中でmuninでApacheのグラフを表示させてる人がいないのか対策方法が紹介されていないのでメモします。

muninはApacheのデータを取得するためlocalhostのserver-statusにアクセスする。
しかし、mod_securityを導入している環境だとError 406 で取得できない。
(wget http://127.0.0.1 と実行すると分かりやすい。)
そのため、muninが通るようにWebアプリケーションファイアウォールに穴を開ける。

対象となるルール ユーザエージェントでボットを判別している。
# /etc/httpd/modsecurity.d/base_rules/modsecurity_crs_35_bad_robots.conf
アクセス規制対象のロボット一覧から対象のボット名を探し削除する。
# vi /etc/httpd/modsecurity.d/base_rules/modsecurity_35_bad_robots.data

削除対象
perl
libwww-perl
wget ←必要があれば削除

Apacheに設定適用
# service httpd restart

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)