atコマンドがエラーを起こす
9月 23, 2012 — 16:31

$ echo “xmms -p” |sudo at 0900
warning: commands will be executed using /bin/sh
Cannot open lockfile /var/spool/cron/atjobs/.SEQ: No such file or directory

atdを再起動させても解決しなかったため手動でロックファイルを作成したところ解決しました

$ sudo touch /var/spool/cron/atjobs/.SEQ
$ sudo chown daemon:daemon /var/spool/cron/atjobs/.SEQ

MacBook Air Late 2011 BackTrack5 グラフィックドライバ
4月 21, 2012 — 14:23

MacBook Air Late 2011 のグラフィックカードはnvidiaではなくi5に組み込まれているGPUらしいのでIntel HD Graphics 3000 384 MBを使っているようです。

調べたところリポジトリを追加することで手軽にインストールできるようなのでメモしておきます。

sudo add-apt-repository ppa:glasen/intel-driver
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install linux-image-generic-lts-backport-natty linux-headers-generic-lts-backport-natty

Ubuntu11.10でffmpegのlibfaacを使う Unknown encoder ‘libfaac’
4月 10, 2012 — 22:04

調べたところライセンスが関係して機能を削っているようですね。

使えるようにするにはソースからビルドする時にオプションを追加する方法等あるようですがすごくめんどくさい・・・・

そんな訳で、他の方法を探してみました。

非公式リポジトリのMedibuntuには予めオプションを追加してビルドしたパッケージが用意されているようなのでそれを利用したいと思う。

リポジトリの追加

$ sudo wget http://www.medibuntu.org/sources.list.d/`lsb_release -cs`.list –output-document=/etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list && sudo apt-get -q update && sudo apt-get –yes -q –allow-unauthenticated install medibuntu-keyring && sudo apt-get -q update

ffmpegを再インストール
$ sudo apt-get -reinstall install ffmpeg libavcodec-extra-53

※ Ubuntu11.10のffmpegはlibavcodec-extra-52ではなくlibavcodec-extra-53のようなのでこちらを指定する。

これで、Unknown encoder ‘libfaac’が出なくなると思う。

Ubuntu 11.10 プリンタ と MacOSX Lion を接続する
2月 25, 2012 — 12:38

Windowsとの接続は普通にhttpで接続できていたのですが、なんかMacOSXとの接続のしかたがよくわからない・・・

苦戦していたらどうやらMacOSXの”プリントとスキャン”の設定には裏メニューがあるらしい事が分かった

システム環境設定 > プリントとスキャン > プリンタの追加(+ボタン)
ツールバーを右クリックすると”ツールバーをカスタマイズ”という項目が出てくるのでそれをクリック

“詳細”をツールバーへドラッグ&ドロップ

“詳細”よりIPPのhttpを選択することによりプリンタを指定する事ができる

プリンタのURLの例
http://<サーバ名>:<ポート番号>/printers/<プリンター名>

全く。。。分かりにくいですねぇ・・・

参考元:Mac OS X 10.5 Leopard からSambaプリンタに接続 – ろばの穴

Ubuntu11.10でLPB6200がうまく動作しない 対策
2月 25, 2012 — 4:17

このページはcups等基本的なパッケージを既にインストールしてあることを前提に話をすすめる。

メーカーサイトのドライバCAPT Printer Driver for Linux Ver2.40 (32bit)

ダウンロードし展開したらインストール
$ sudo dpkg -i cndrvcups-common_2.40-1_i386.deb
$ sudo dpkg -i cndrvcups-capt_2.40-1_i386.deb

これで普通にプリンタを設定から追加して使えると思っていたが認識はするが、印刷を行なってもジョブが溜るだけで正常に印刷されないという問題が発生した。

ログを見ても中々解決策は見当たらず、途方に暮れていたところ、ロシアのサイトCanon LBP-6000 в Ubuntu 11.10に対策が書かれていたのでそれを元に対策したら正常に動作するようになった。

/etc/rc.localの中のexit 0の間にプリンタを再認識させる設定を記述する

$ sudo vi /etc/rc.local
sudo modprobe usblp
ls -l /dev/usb/lp0
sudo /etc/init.d/ccpd restart

その後再起動
$ sudo reboot
上記のプリンタを再認識させるコマンドを直接叩いてもここで再起動を一度行わないと正常に動作しないようだ

どうもCAPT Printer Driver自体に不具合があるようですね。
あと、余談ですがこれのソースコードからのビルドはやめたほうがいいです。原因不明ですがGTK関係でこけます。

その他、参考になりそうなサイト(画像付きロシア語)
Canon LBP6000 В Ubuntu 11.10