ESXi5.1を623860から914609へアップデートする
1月 3, 2013 — 20:29

必要なファイルをダウンロードしてデータストアにアップロードしておく。
なお、パッチを当てると当てていたドライバが剥がれるためもう一度当てなおさなければならない。
ドライバに漏れがあると結構、作業工程的にも精神的にも大変なことになるため十分漏れがないように注意しておく。

パッチ
VMware Store and Account

ドライバ
Adaptec – Adaptec Driver: AACRAID Driver v1.2.1-29900 for VMware Download Detail
ESXi5.1のドライバを作成してみる(intel 82579LM/82574L編) << 環境さんぷる
※ ここではESXi5.1用のNICとRAIDカードのドライバをダウンロードしているがそれぞれの環境に合わせて揃える。

対象のESXi5.1のゲストマシンをシャットダウンし、メンテナンスモードに切り替える。
SSHを使いrootでログインし下記のコマンドを入力する。

アップデート・パッチのインストール

# esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/datastore1/ESXi510-201212001.zip

※ 場合によっては非常に時間がかかる事があるが気長に待つ。

ドライバのインストール

# esxcli software acceptance set --level=CommunitySupported
# esxcli software vib install -v /vmfs/volumes/datastore1/net-e1000e-2.1.4.x86_64.vib
# esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/datastore1/aacraid-esxi5.1-1.2.1.29900.zip –no-sig-check
# esxcli software vib install -v /vmfs/volumes/datastore1/vmware-esxi-drivers-scsi-aacraid-510.5.2.1.29900.-1.1.5.799733.x86_64.vib –no-sig-check

※ ここではdatastore1にアップロードしているがそれぞれの環境に合わせる。

終わったら再起動し様子を見る。
クライアントのアップデートについて聞いてくるのでアップデートする。
ビルド番号が上がっていてゲストマシンも正常に認識していたらメンテナンスモードを終了し再起動をかける。

ここまでで、アップデートは完了です。

ホットバックアップの再設定
ESXi5.1をアップデートして気づいたのですが/etc/rc.localを編集しようとしたところ”Operation not permitted”と言われた。そのため、”/etc/rc.local.d/local.sh”を書き換える方法で再設定する。

# vi /etc/rc.local.d/local.sh

最下部に追記する。

# ESXi5.1 HOT Back UP
/bin/kill $(cat /var/run/crond.pid)
/bin/echo "0 17 * * 1-5 /vmfs/volumes/datastore1/ghettoVCB/ghettoVCB.sh \
-f /vmfs/volumes/datastore1/ghettoVCB/backup_vmlist.txt \
-g /vmfs/volumes/datastore1/ghettoVCB/ghettoVCB.conf \
> /vmfs/volumes/datastore1/ghettoVCB/backup_log/ghettoVCB-backup-\$(date +%s).log" \
>> /var/spool/cron/crontabs/root
/bin/crond

※ 5.1から”/bin/busybox”コマンドが消えたようなので”/bin/crond”としておく。

しかしこのままではバージョンが合わないエラーが出たりwhoamiコマンドが無いなど正常にスクリプトが動作しないようなので書き換える。

# vi /vmfs/volumes/datastore1/ghettoVCB/ghettoVCB.sh

230行付近を編集

編集前

	ESX_VERSION=$(vmware -v | awk '{print $3}')
	if [[ "${ESX_VERSION}" == "5.0.0" ]]; then
		VER=5
        elif [[ "${ESX_VERSION}" == "4.0.0" ]] || [[ "${ESX_VERSION}" == "4.1.0" ]]; then
                VER=4
        else
                ESX_VERSION=$(vmware -v | awk '{print $4}')
                if [[ "${ESX_VERSION}" == "3.5.0" ]] || [[ "${ESX_VERSION}" == "3i" ]]; then
                        VER=3
                else
                        echo "You're not running ESX(i) 3.5, 4.x, 5.x!"
                        exit 1
                fi
        fi

編集後

	ESX_VERSION=$(vmware -v | awk '{print $3}')
	if [[ "${ESX_VERSION}" == "5.0.0" ]] || [[ "${ESX_VERSION}" == "5.1.0" ]]; then
		VER=5
        elif [[ "${ESX_VERSION}" == "4.0.0" ]] || [[ "${ESX_VERSION}" == "4.1.0" ]]; then
                VER=4
        else
                ESX_VERSION=$(vmware -v | awk '{print $4}')
                if [[ "${ESX_VERSION}" == "3.5.0" ]] || [[ "${ESX_VERSION}" == "3i" ]]; then
                        VER=3
                else
                        echo "You're not running ESX(i) 3.5, 4.x, 5.x!"
                        exit 1
                fi
        fi
# vi /vmfs/volumes/datastore1/ghettoVCB/ghettoVCB-restore.sh

86行付近を編集

編集前

	ESX_VERSION=$(vmware -v | awk '{print $3}')
	if [ "${ESX_VERSION}" == "5.0.0" ]; then
		VER=5
        elif [[ "${ESX_VERSION}" == "4.0.0" ]] || [[ "${ESX_VERSION}" == "4.1.0" ]]; then
                VER=4
        else
                ESX_VERSION=$(vmware -v | awk '{print $4}')
                if [[ "${ESX_VERSION}" == "3.5.0" ]] || [[ "${ESX_VERSION}" == "3i" ]]; then
                        VER=3
                else
			echo "You're not running ESX(i) 3.5, 4.x, 5.x!"
                        exit 1
                fi
        fi

編集後

	ESX_VERSION=$(vmware -v | awk '{print $3}')
	if [[ "${ESX_VERSION}" == "5.0.0" ]] || [[ "${ESX_VERSION}" == "5.1.0" ]]; then
		VER=5
        elif [[ "${ESX_VERSION}" == "4.0.0" ]] || [[ "${ESX_VERSION}" == "4.1.0" ]]; then
                VER=4
        else
                ESX_VERSION=$(vmware -v | awk '{print $4}')
                if [[ "${ESX_VERSION}" == "3.5.0" ]] || [[ "${ESX_VERSION}" == "3i" ]]; then
                        VER=3
                else
			echo "You're not running ESX(i) 3.5, 4.x, 5.x!"
                        exit 1
                fi
        fi

101行付近を編集

編集前

if [ ! $(whoami) == "root" ]; then
        logger "info" "This script needs to be executed by \"root\"!"
        echo "ERROR: This script needs to be executed by \"root\"!"
        exit 1
fi

編集後

if [ ! $(who | awk '{print $1}') == "root" ]; then
        logger "info" "This script needs to be executed by \"root\"!"
        echo "ERROR: This script needs to be executed by \"root\"!"
        exit 1
fi

動作チェックを行い、正常に動作していたら再設定完了です。

参考サイト
ESXi5.0マシンを2台作成 | SS-NET サポート
富士通 PRIMERGY TX100 S3 の ESXi5.1 838463 を 5.1 914609 (ESXi510-201212001.zip) にアップデートする。 << 環境さんぷる
VMWARE 5.1 Could not find a trusted signer
【ESXi 5.0】仮想マシンのオンラインバックアップ – OSSでLinuxサーバ構築
Modifying ghettoVCB to run on VMware ESXi 5.1

ESXi5 SSH 公開鍵暗号化方式 作製
6月 24, 2012 — 23:10

鍵の作り方が分からず苦戦したが下記のサイトにて詳しく書かれていたためそれを参考に鍵を作製した。

ESXi 4.1 から ESXi 5.0 へアップグレード

# cd /etc/ssh/keys-root
# /usr/lib/vmware/openssh/bin/ssh-keygen -t rsa -C “SSH2 RSA key”
Enter file in which to save the key (//.ssh/id_rsa): ./id_rsa
後はEnterで進む

公開鍵をauthorized_keysへ追記しておく
# cat id_rsa.pub > ./authorized_keys

下記が秘密鍵なのでこれを保管しておく
/etc/ssh/keys-root/id_rsa