PHP error_reporting .htaccess 設定
9月 5, 2011 — 14:22

下記のような警告が出た時、警告を非表示にする方法。
Deprecated: Function set_magic_quotes_runtime() is deprecated in
/path/file.php on line 718

php.ini で設定する場合は
error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE
を追記すれば良いようですが全部で適用されちゃってセキュリティー的にどうなのか?とか気になります。

.htaccessで設定する場合をメモします。下記を追記して対象のディレクトリに設置してください。
php_value error_reporting 6135

その他の設定は次のサイトで詳しく紹介されてるのでそちらを御覧ください。
.htaccess で error_reporting を設定するときの注意点 | Sun Limited Mt.

CentOS 5 PHPの最新のバージョンをインストールする
4月 17, 2011 — 13:52

バージョン管理が大変なPHPを簡単にアップデートできます
※下記を実行するとPHP以外のパッケージも全てアップグレードされてしまいます。気になる人はリポリトジの設定で普段は無効にしておいてください。
# wget -q -O – http://www.atomicorp.com/installers/atomic.sh | sh yum update
# yum install php php-mbstring

eAccelerator ディスクキャッシュしない
5月 30, 2010 — 22:33

/ パーティション肥満化原因が/var/cache関連でしたのでeAcceleratorのディスクキャッシュを止めました。
又、メモリーを大量消費しないように16MBまでに制限しました。

# vi /etc/php.d/eaccelerator.ini

; Enable eAccelerator extension module
zend_extension = /usr/lib/php/modules/eaccelerator.so
; Options for the eAccelerator module
eaccelerator.cache_dir = /var/cache/php-eaccelerator
;eaccelerator.shm_size = 0
eaccelerator.shm_size = 16
eaccelerator.enable = 1
eaccelerator.optimizer = 1
eaccelerator.check_mtime = 1
eaccelerator.filter = ""
eaccelerator.shm_max = 0
eaccelerator.shm_ttl = 3600
eaccelerator.shm_prune_period = 0
;eaccelerator.shm_only = 0
eaccelerator.shm_only = 1
eaccelerator.compress = 1
eaccelerator.compress_level = 9
;eaccelerator.keys = "shm_and_disk"
eaccelerator.keys = "shm_only"
;eaccelerator.sessions = "shm_and_disk"
eaccelerator.sessions = "shm_only"
;eaccelerator.content = "shm_and_disk"
eaccelerator.content = "shm_only"
eaccelerator.debug = 0

eaccelerator.shm_only = 1
CPU使用率を監視しながら使用率が大幅に上がる場合等は考え直そうと思う。