ぴくぴくダウンローダ for Java(仮) Ver 6.00
2月 10, 2013 — 14:12

修正された項目

・Pixivの仕様変更に対応しました
・バージョンアップ通知機能の追加を行いました

バージョンアップがあった場合はアラートを表示します
WS000029

Windows7 での実行の様子
WS000000

MacOSX での実行の様子
スクリーンショット 2013-01-14 16.31.21

Linux での実行の様子
Screenshot-ぴくぴくダウンローダ for Java (仮)

コマンドモードでの実行の様子

ダウンロード

こちらのダウンロードページよりダウンロードをお願い致します。

質問・問い合わせについて

質問・問い合わせは下のコメント欄にお願いいたします。また、質問を行う前に下記を確認してください。手順に沿わない場合は返答できない場合がございます。

正常に動かない等の問題があり質問・問い合わせを行う場合、実行場所(一軒家や集合住宅や学校などこれらの場所ではネットワークの環境が異なるため)、OS、Javaのバージョン、収集対象(実行時に指定したパラメータ)、停止した場所のコンソールの内容をお書きください。書いて頂けない場合こちらで検証することができないので返答することができません。

追加して欲しい機能がある場合、特にPixivの機能に依存するものなどは実際のページまでのURLなど詳しい情報をお書きください。それらの情報を元に今後のアップデートで実装可能か検討させて頂きます。

ぴくぴくダウンローダ for Java(仮) Ver 4.12
7月 25, 2012 — 15:47

修正された項目

イラスト・漫画を作品名+作者名で保存するのに対応しました。(GUIでのみ提供)
ラジオボタンの挙動にバグがあったので修正しました。
上記の拡張によりインターフェースを若干改変しました。

計画していた拡張はひと通り済んだのでしばらくは更新は行わないかもしれません。

Windows 7 での実行の様子

コマンドモードでの実行の様子

ダウンロード

こちらのダウンロードページよりダウンロードをお願い致します。

質問・問い合わせについて

質問・問い合わせは下のコメント欄にお願いいたします。また、質問を行う前に下記を確認してください。手順に沿わない場合は返答できない場合がございます。

正常に動かない等の問題があり質問・問い合わせを行う場合、実行場所(一軒家や集合住宅や学校などこれらの場所ではネットワークの環境が異なるため)、OS、Javaのバージョン、収集対象(実行時に指定したパラメータ)、停止した場所のコンソールの内容をお書きください。書いて頂けない場合こちらで検証することができないので返答することができません。

追加して欲しい機能がある場合、特にPixivの機能に依存するものなどは実際のページまでのURLなど詳しい情報をお書きください。それらの情報を元に今後のアップデートで実装可能か検討させて頂きます。

__追記(2012/10/31)__

Pixivの仕様が変わったようで小説収集機能が動作しないようです。時間を見つけて近日中に対応したいと思います。

ぴくぴくダウンローダ for Java(仮) Ver 4.01
7月 23, 2012 — 15:39

修正された項目

ショーケースの有無に関係なく作品をダウンロードできるようになりました。
ラジオボタンをわかりやすい挙動にしました。
内部的には次回のアップデートを意識し細かい拡張を行いました。

推奨環境・動作環境

推奨環境:Core2Duo以降のデュアルコアCPU搭載のパソコン
動作環境:Windows MacOSX Linux でJavaが動作する環境

Windows 7 での実行の様子(画像はVer4.00のものです)

コマンドモードでの実行の様子

ダウンロード

こちらのダウンロードページよりダウンロードをお願い致します。

質問・問い合わせについて

質問・問い合わせは下のコメント欄にお願いいたします。また、質問を行う前に下記を確認してください。手順に沿わない場合は返答できない場合がございます。

正常に動かない等の問題があり質問・問い合わせを行う場合、実行場所(一軒家や集合住宅や学校などこれらの場所ではネットワークの環境が異なるため)、OS、Javaのバージョン、収集対象(実行時に指定したパラメータ)、停止した場所のコンソールの内容をお書きください。書いて頂けない場合こちらで検証することができないので返答することができません。

追加して欲しい機能がある場合、特にPixivの機能に依存するものなどは実際のページまでのURLなど詳しい情報をお書きください。それらの情報を元に今後のアップデートで実装可能か検討させて頂きます。

ぴくぴくダウンローダ for Java(仮) beta版 公開
2月 7, 2012 — 15:06

今まで設定ファイルを手書きで編集しておりましたが、全てGUIで簡単に設定できるようになりました。
GUIでの利用も設定も全ての機能をWindowsでもMacでもLinuxでも利用する事が可能です。

下記の動作環境さえ満たしていればWindows以外のOSでもダブルクリックで起動し動きます。

新アイコン

推奨環境:Core2Duo以降のデュアルコアCPU搭載のパソコン
動作環境:Windows MacOSX Linux でJavaが動作する環境

今回のバージョンアップで一応、予定していた大きな機能はすべての機能を実装しました。

使い方
圧縮ファイルをダウンロードして、適当な場所で展開してください。

実行方法
それぞれの環境の実行形式にあったファイルを実行してください。

設定方法
ウインドウにある”基本設定”をクリックし、必要な項目を全て記述して”適用”をクリックしてください。
※ 設定内容は設定ファイル(pget.conf)に平文で保存されます。設定ファイルの取り扱いは十分にご注意ください。

ユーザIDとは下記のURLの○の数字の部分です。(アルファベットや名前ではありません)
http://www.pixiv.net/member_illust.php?id=○○○○○○○○

Windowsでの動作イメージ

MacOSXでの動作イメージ

Linuxでの動作イメージ

ダウンロード
こちらのダウンロードページよりダウンロードをお願い致します。

プログラムの利用に関して
ライセンスは現在検討中です。おそらくオープンソース化すると思いますが、現段階では逆コンパイル、改造、再配布は禁止させて頂きます。なお、ソフト自体ウエイトを固定するなど多くの負荷対策を行なっておりますがPixivのサイトに負荷を掛けないよう常識の範囲での利用をお願い致します。あと、サイト・雑誌での紹介大歓迎です。

ぴくぴくダウンローダ Ver β 03.03 Windows UNIX (MacOSX Linux) 対応
5月 27, 2011 — 12:32

ぴくぴくダウンローダ Ver β 03.03でのバグを一部修正しました。

更新内容
絵師さんのID指定時に次のページに移動しない事があるようなので修正しました。
(Pixivの仕様が変わったため?不明です)

当ソフトの特徴
・ブラウザでリンクを開かなくても自動で条件(タグ検索、ブックマーク数、絵師さんのID)を指定することで画像を収集します。

・最初HTMLファイルのみを取得し作品へのリンクを解析するためダウンロードする画像(Pixivへのアクセス)は最小限です。低負荷です。

・一度ダウンロードした作品はコミックはフォルダ分けされ管理されます。指定されたフォルダにある画像は多重ダウンロードを行いません。

・バッチファイル等にコマンドを記述し指定した時間に実行させることも可能です。(絵師さんの新しい作品を定期的に収集し同期します。)

Download
こちらのダウンロードページよりダウンロードをお願い致します。

動作例)
Windows 7 (検索ワード,ミク ブックマーク数,5以上)

MacOSX 10.6 (検索ワード,ミク)

P7H55-M BIOS設定
5月 20, 2011 — 10:51

BIOS SETUP UTILITY を起動させる。

とりあえず言語設定ができるようなので設定する。
MainのLanguage [English]を[日本語]へ。

オンボードGPU(iGPU)を使う設定を行う(PCI-E x16にRAIDカードを挿すとグラフィックボードと誤認するため)
詳細設定からInitiate Graphic Adapter を[PCI/iGPU]を選択。(何故か[iGPU]ではうまく動作しなかった。)

起動時にIDE用ディバイスを使わないのにスキャンされるのでスキャンしないようにする。
詳細設定からオンボードディバイス設定構成を選択しVT6415 IDE Controllerを[無効]にする。

停電時、電源復旧で自動起動するように設定する。(自動動時に確認としてF2を押すように促す保護機能を外す。)
電源からAnti Sure Supportを[無効]に設定。
APM Configurationを選択しAC 電源切断後の復旧モードを[Power On]に設定する。

RAIDカードの設定はHP SC40Geホスト バス アダプタ リファレンス ガイドを見る。
普段はこんな事はまとめないですが複数導入する予定なので次設定するとき設定し忘れが無いようにww

Rubyで超簡単RSSリーダー
4月 14, 2011 — 21:35

RubyでRSSリーダー Windows 用ですがkconvを利用しなければMacやUNIX系OSでも使えます。

#!/usr/bin/ruby
require 'open-uri'
require "kconv"
require 'rss'

# URLへアクセスしページを取得
uri = URI.parse('http://www.orsx.net/feed')
# RSSとして読み込み
rss = RSS::Parser.parse(uri.read)

puts "SiteName : " + rss.channel.title.kconv(Kconv::SJIS, Kconv::UTF8)
# タイトルを保存していく
rss.items.each_with_index do |item, i|
  puts "#{i+1}. #{item.title.kconv(Kconv::SJIS, Kconv::UTF8)}"
end
Office For Macが快適に落ちてデータが飛ぶのを全力で阻止してみる
4月 7, 2011 — 21:34

Mac for OfficeでWordを使っている人なら分かると思うのですが猛烈によく落ちます・・・1時間以上作業をすると必ず1〜3回は落ちます。。。

そして、一応作成中のデータは残っているのですがほぼ作り直しの状態になります。。。もう、キレそうになりますね。。。Macを使ってる私のMacに対する最大の不満です。
そして今回、自宅にいない、この何も出来ない時期にとっとと対策しておきたいと思います。

Officeの自動保存機能を利用してなるべく飛ぶ消失する量を減らしたいと思います。

試しにWordを開き、メニューバーの”Word”を開き、”環境設定”を開きます。

”保存”をクリックします。

”自動バックアップ”の間隔を10分から1分に変更します。

これでもしもWordが作業中に落ちても1分前のデータが残ると思います。
他のExcelやPowerPointも同じように設定できます。

MacOSX 10.6 セキュリティー対策 ClamXav
4月 7, 2011 — 20:54

まぁ、別にUnix系OSはウイルスに感染する事が殆ど無いので気にすることではないのですが、自分が感染しなくとも他人のWin系パソコンにウイルスを中継する可能性があるので・・・
(特にサーバとして公開している場合など)

Unix系サーバでオープンソースのセキュリティーソフトの定番はClamAVなので今回Macでも同じように、このClamAVをGUIで操作するためのソフトClamXavを組み合わせて使用したいと思います。

本来ClamAVはCUIでコマンドを使い操作するので慣れない人は使いづらいかと思います。
自分もサーバじゃないので出来る限りGUIで操作できないかと思って探していました。
※ 実は常駐してくれるタイプでかつGUIのソフトを探していたのですが。。。フリーなのは無いですね^^;

ここからダウンロードできます。ClamAVがインストールされていない場合はClamAVをインストールするか聞いてくると思いますのでインストールしてあげてください。
ClamXav The Free Anti-Virus Solution for Mac OS X

インストーラ

起動画面(スキャン中)

参考:必ず入れておきたいMac用アンチウイルスソフト「ClamXav」

iPhone 3GS BB6.15.00 iOS4.3.1 JB 方法
4月 6, 2011 — 21:29

結論から言うとiOS 4.2.1でiPad用ベースバンド6.15.00を入れたiPhone3GSをiOS4.3.1にアップグレードすることはできますがかなりの矛盾が起きるのでまだしないほうがいいです。と言うのも、ultrasn0w1.2がiOS4.3.1に対応していません。ですのでSIMフリーになりません。

とりあえずiOS4.3.1とiOS4.2.1の復元 or ダウングレード方法をメモします。

※MacOSXでは何かうまくいかないのでWindowsで行いました。SHSHは保存してあることが前提となります。

公式ファームウエアをそれぞれダウンロードします。

Fix Recoveryをダウンロードしてきます。もしかすると.dllが無いとか言われるかも知れない。。。探してきてください。

0.TinyUmbrellaで認証サーバを偽装します。

1.iPhoneを接続しDFU モードにします。

2.iTunesでShift+復元でファームウエアを選択し、復元します。
※私の環境ではCFWは1600エラーが出て使えませんでした。

3.終盤にエラー1605が発生するのでOkを押して復元を終えます。

4.再度DFU モードにし、Fix Recoveryを実行します。

5.復元が完了すると思います。

6.必要があればredsn0wで再度脱獄してください。

参考:iPhone 3GS(iOS 4.3 baseband 06.15.00)を redsn0w 0.9.6rc9 で脱獄・・