1万円で放射線量を計測して自動でTwitterに投稿する装置を作ろう!
3月 24, 2013 — 21:05

一昔前はこういう装置を作成するのに結構な費用が必要となっておりましたが最近は非常に低価格かつ簡単に実現することができます。そして計測結果は高い精度を期待できます。
今回は難しいハンダ付けやプログラミングをほとんど行わなくても作成できる事を目標とします。

利用するパーツ

Linux組み込みボード Raspberry Pi 3,500円
組み込み用線量計 ポケットガイガー Type 5 6,450円
ジャンパーワイヤー ジャンパーワイヤ オス⇔メス(10本セット) 400円
ジャンパーワイヤー ジャンパーワイヤ オス⇔オス(70本セット) 400円
ブレッドボード ブレッドボード EIC-801 250円
プルアップ抵抗 【CF1/4-22kΩJ】1/4Wカーボン抵抗 22kΩ 赤赤橙金(100本入) 283円
ピンソケット ピンヘッダ(オスL型) 1×40 (40P) 50円
SDカード ADATA ASDH4GCL4-R SDHCカード Class4 4GB 452円
合計 11,785円

※ 状況によっては価格は変動します。
※ 上記の他に、Windows OSをインストールしたパソコン、モニタ、HDMIケーブル、キーボード、マウス、ネット環境、MicroUSBケーブル、半田ゴテ、ハンダ線、こて台、Twitterアカウントが必要となります。

Twitterのディベロッパー登録

こちらのサイトを元にアプリケーションの登録を済ませておいてください。
下記の内容が必要となります。メモしておいてください。
CONSUMER_KEY,CONSUMER_SECRET,ACCESS_TOKEN,ACCESS_TOKEN_SECRET
bot開発物語 その2―アプリケーション登録―
※ 必ずAPI側でRead and Writeの権限を与えておいてください。

Raspberry PiへのOSインストール

以前の記事を参考にしてください。
Raspberry PiでRaspbianを日本語環境で動かそう!

ピンヘッダのハンダ付け

ピンヘッダの列から5本分を折り取りポケットガイガー Type5に差し込んでハンダ付けします。
IMG_1589[1]

Raspberry Piとポケットガイガー Type5の接続

ブレッドボードとジャンパーワイヤーを使用しRaspberry Piとポケットガイガー Type5の接続を行います。

ワイヤーの色とピンの対応表

ジャンパーワイヤー ポケガ RasPi
赤色 VCC 3v3
黒色 GND GND
青色 SIG GPIO 17
黄色 NS GPIO 27

ポケットガイガー Type5とプルアップ用抵抗をブレッドボードに設置しジャンパーワイヤー(オス⇔オス)で接続します。

IMG_1620[1]

IMG_1621[1]

IMG_1622[1]

ブレッドボードとRaspberry Piをジャンパーワイヤー(オス⇔メス)で接続すます。

IMG_1623[1]

IMG_1625[1]

※ 私のRaspberry PiはP5の位置にピンヘッダがハンダ付けされておりますが気にする必要はありません。

Raspberry Piのピン配置はこのようになっております。
Raspberry_Pi_GPIO

全体的に見るとこういう感じになります。
IMG_1627[1]

Raspberry Piへのプログラムインストール

起動とログイン

Raspberry Piとポケットガイガー Type5を接続した状態でRaspberry Piを起動します。
ログイン後コンソールに下記のコマンドを入力してデスクトップを起動してください。
$ sudo startx
※ こうすることにより管理者権限でGUIな操作を行うことができるようになります。
※ Linux初心者向けにGUIで解説しますがコンソールのみで操作できる方はX Windowを起動する必要ありません。

ターミナルの起動

左下メニュー”アクセサリ”→”LXTerminal”を起動してください。
snapshot1

起動に成功すると真っ黒な画面が出てきます。
snapshot2

真っ黒な画面の中に必要なコマンドを入力していきます。
snapshot3

gitコマンドのインストール

“LXTerminal”内に下記のコマンドを1行ずつ実行してください。
※ #以降の文字列を入力してください。
※ 依存パッケージのインストールを求められる事があります。その場合は”Enter”を押してください。
※ 場合によっては非常に時間が掛かる事があります。気長にお待ちください。
# apt-get update
# apt-get upgrade
# apt-get install git

wiringPiライブラリのインストール

“LXTerminal”内に下記のコマンドを1行ずつ実行してください。
# git clone git://git.drogon.net/wiringPi
# cd wiringPi
# git pull origin
# ./build
# cd ../

Rasdiationのインストール

“LXTerminal”内に下記のコマンドを1行ずつ実行してください。
# git clone git://github.com/orsp/Pocket_Rasdiation_Counter.git
# cd Pocket_Rasdiation_Counter
# make
# make install
# cd ../

Rasdiationの動作テスト

“LXTerminal”内に下記のコマンドを実行してください。
# rasdiation -s 17 -n 27 -b -m

下記の様にCPMやuSv/hの値がカウントされた状態で表示されていれば接続とインストールに成功しています。
snapshot4

Raspberry Pi起動時に連動したRasdiationの自動実行の設定

タスクバー左側アイコンより”ファイルマネージャ”を起動します。
snapshot5

ディレクトリパスに”/etc”と指定しその中の”inittab”をダブルクリックします。
snapshot6

ファイルの最後に下記の行を追記し上書き保存します。
alog:2000:respawn:/usr/local/bin/rasdiation -s 17 -n 27 -o /var/lib/rasdiation/rasdiation.fifo
snapshot7

python-tweepyライブラリのインストール

“LXTerminal”を起動してください。
“LXTerminal”内に下記のコマンドを実行してください。
※ 依存パッケージのインストールを求められる事があります。その場合は”Enter”を押してください。
# apt-get install python-tweepy
# easy_install tweepy
※ apt-getのpython-tweepyは古いようなのでこちらから新しいバージョンのpython-tweepyをインストールします。

Twitter自動投稿スクリプトの設置

“LXTerminal”内に下記のコマンドを1行ずつ実行してください。
# mkdir -p /GEIGERCOUNTER/Twitter
# cp Pocket_Rasdiation_Counter/example/twitter_post.py /GEIGERCOUNTER/Twitter/
# chmod 755 /GEIGERCOUNTER/Twitter/twitter_post.py

Twitter自動投稿スクリプトの設定

タスクバー左側アイコンより”ファイルマネージャ”を起動します。
ディレクトリパスに”/GEIGERCOUNTER/Twitter”と指定します。
“twitter_post.py”をダブルクリックで開きます。
snapshot13

“Twitterのディベロッパー登録”で得たパラメータを記述し上書き保存します。
snapshot14

Twitter自動投稿スクリプトの動作テスト

“LXTerminal”を起動してください。
“LXTerminal”内に下記のコマンドを実行してください。
# python /GEIGERCOUNTER/Twitter/twitter_post.py

設定したTwitterアカウントで下記のような内容がツイートされている事を確認してください。
※ 実際の投稿内容の日付や数値は変化します。
2013年03月24日(日) 11時35分 現在の放射線量は CPM:2.964 uSv/h:0.05589(誤差 0.00833) でした。

Twitter自動投稿スクリプトの定期実行の設定

タスクバー左側アイコンより”ファイルマネージャ”を起動します。
ディレクトリパスに”/etc/cron.d”と指定します。
snapshot8

中に空ファイル”twitter_post”を新規作成します。
snapshot9

作成した”twitter_post”をダブルクリックします。
snapshot10

下記の行を記述し上書き保存します。
※ この設定は30分毎に”twitter_post.py”を実行するという意味です。必要に応じて変更してください。
*/30 * * * * root python /GEIGERCOUNTER/Twitter/twitter_post.py
snapshot15

最終動作確認

正常に30分毎に投稿されるかを確認できましたら放射線量自動投稿機の完成です。
正しく設定されていればRaspberry Piを再起動しても自動で放射線量を計測し投稿いたします。

今回、ブレッドボードを使用しましたがユニバーサル基板を使い回路を作成しても良いかもしれません。
必要があればPythonのスクリプトを改造し自分の好みの投稿内容にするのも楽しいでしょうね。

フリー素材 Raspberry Pi GPIO 配置図 Revision 2.0 (512MB)
3月 12, 2013 — 16:11

ブログやサイトで自由に使えるRaspberry Pi Revision 2.0のGPIOの配置図が欲しかったので作成してみました。
MicroSoft Office PowerPoint 2010形式で白黒版とカラー版を準備しました。自由にご利用ください。改変・再配布しても構いません。

サンプル カラー版のGPIO配置図
Raspberry_Pi_GPIO

ダウンロード(pptx形式)

※ ピンのピッチなどの縮尺は考慮致しておりません。ご了承ください。
※ サーバへ負荷がかかるためサンプル画像への直リンクはご遠慮ください。

低価格放射線測定器 ポケットガイガー Type5 Arduino Pro mini 接続 紹介と動作テスト
3月 12, 2013 — 14:34

最近ガジェットネタが増えていますが今回は、ポケットガイガー Type5を購入しArduino Pro miniへ接続して動作検証を行なってみました。

そのまま3.5mmプラグを使うのも手であるが今回は基盤へピンプラグ(5P L字)を半田付けします。
IMG_1588[1]

Arduinoへメーカサイトで提供されているサンプルコードをアップロードしブレッドボードを使い双方を接続します。
接続にはデジタルピンを2本(信号パルスが2、ノイズパルスが5)使用します。
IMG_1592[1]

シリアル通信を行うとCSV形式で出力されます。

非常に低価格、6,450円で購入することができ、GM管を使用しないため非常に小型です。

LCD液晶などを接続するなど好みのガイガーカウンタを作成できるようです。

ニキシー管時計 ケース作成
3月 11, 2013 — 20:50

だいぶ今更感がありますが、ニキシー管時計のケースを作成しました。
私には美的センスというものは無いためどういうデザインが良いか悩みましたが、結局加工しやすく比較的機能的であるべきということて画像のようになりました。

image

木材は紫檀を使用し、接着で固定しました。

image

ティッシュ箱みたいな仕組みで上から被せて固定します。

image

レトロ感を演出させるため木目オイルを塗り研磨してみました。

image

image

これで寝室にもリビングにも置けるようになったのかな?
ニキシー管特有の温かみのある光は幻想的で見ていて飽きないですね〜。

今更ながらニキシー管時計キットを購入
1月 13, 2013 — 22:11

ずっと欲しいと思いながらも買う機会がなく過ごしていましたが、本日偶然、秋葉原駅横のラジオセンター2Fにある山本無線e-BOX店でニキシー管時計キットを限定販売しているのを発見し思わず購入してしまいました。

小さめのダンボールに入っています。中身はTubeHobby製のNCV2.1-14かと思います。
IMG_1512[1]

ニキシー管もセットになっておりますが店内にIN-14をバラ売りしているようです。
IMG_1513[1]

組み立ててみました。
IMG_1522

先人の方々に習い丸ピンICソケットを利用し、ニキシー管を交換できるようにしてみました。
IMG_1523