コマンド su と su - の違い
2月 26, 2009 — 16:49

ws000006

同じroot権限を取得するだけでも
-を付けるか付けないかによって若干意味が異なります。

suだと上の画像のように管理者権限を取得してもディレクトリはorbitのままです。
ですので、rootのディレクトリに一度戻らないといけません。
画像では
cd /root/
になっていますが、
cd
だけでもユーザーごとのディレクトリに戻れます。

su –
だとrootに切り替わりrootのディレクトリに自動的に移動されます。

使い分けが必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)