PHP5 のインストール
8月 17, 2008 — 20:00

PHP5 のインストール
# apt-get update 
↑APTデータベース更新
# apt-get install php5 php5-apache php5-devel php5-pear php5-mysql 
↑インストール

PHPの設定
# vi /etc/php5/php.ini 
↑設定ファイル編集
output_buffering = On 
↑出力バッファを有効に
output_handler = mb_output_handler 
↑出力時に使用するハンドラ関数を指定
error_reporting = E_ALL & ~E_NOTIC 
↑;を削除
;error_reporting = E_ALL 
↑;を追加
magic_quotes_gpc = Off
default_charset = EUC-JP 
↑HTTPヘッダ charset を設定
mbstring.language = Japanese 
↑言語のデフォルトを日本語に
mbstring.internal_encoding = UTF-8 
↑内部文字コードをUTF-8に(EUCの場合EUC-JP JISの場合SJIS)
mbstring.http_input = auto 
↑HTTP入力の文字コード
mbstring.http_output = EUC-JP 
↑HTTP出力文字コードをEUCに
mbstring.encoding_translation = On 
↑HTTP入力文字コードへの変換を有効に
mbstring.detect_order = auto 
↑文字コード自動検出の優先順を自動に
mbstring.substitute_character = none; 
↑処理できない文字の代替文字
※ 注意
最近の設定ファイルの最下部には [Vine] という項目がある場合があり、上記設定と重複する部分がありますので、
どちらかに「;」を付けてコメントアウトしてください。

# /etc/rc.d/init.d/apache2 restart 
↑設定が終了したら再起動

httpdを停止中: [ OK ]
httpdを起動中: [ OK ]

ようこそVineLinuxで自宅サーバーへさまより(一部編集)
http://vine.1-max.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)