SMTP-AUTH設定中にSASL認証をデバッグしてみた CentOS7
7月 25, 2016 — 15:36

SMTP-AUTHに失敗する原因が分からず調べていると、SASL認証のテストを行うコマンド(testsaslauthd)が失敗する事に気づいたので、ちょっと色々とデバッグしてみました。
※ 原因は以下の内容とは無関係でした(一応、最後にちょこっと原因を書いてます)

※ 公開できない情報は以下の伏字にしております

+++ ユーザ名
*** パスワード
ドメイン

失敗時
# testsaslauthd -u +++ -p ***
# tail -f /var/log/audit/audit.log

type=USER_AUTH msg=audit(1469416320.791:907): pid=3559 uid=0 auid=4294967295 ses=4294967295 msg='op=PAM:authentication grantors=? acct="+++" exe="/usr/sbin/saslauthd" hostname=? addr=? terminal=? res=failed'

成功時
# testsaslauthd -u +++ -p *** -s smtp
# tail -f /var/log/audit/audit.log

type=USER_AUTH msg=audit(1469416322.210:908): pid=3563 uid=0 auid=4294967295 ses=4294967295 msg='op=PAM:authentication grantors=pam_unix acct="+++" exe="/usr/sbin/saslauthd" hostname=? addr=? terminal=? res=success'
type=USER_ACCT msg=audit(1469416322.210:909): pid=3563 uid=0 auid=4294967295 ses=4294967295 msg='op=PAM:accounting grantors=pam_unix,pam_localuser acct="+++" exe="/usr/sbin/saslauthd" hostname=? addr=? terminal=? res=success'

saslauthdをデバッグモードで起動してtestsaslauthdで失敗したコマンド、成功したコマンドをそれぞれ実行します
# saslauthd -d -a pam

saslauthd[3827] :do_auth         : auth failure: [user=+++] [service=imap] [realm=] [mech=pam] [reason=PAM auth error]

なぜか”/etc/pam.d/imap”を見ているらしいが、そんなものは無い・・・

とりあえず、smtpをimapにコピーします
# cp vi /etc/pam.d/smtp /etc/pam.d/imap
# saslauthd -d -a pam

saslauthd[3883] :do_auth         : auth success: [user=+++] [service=imap] [realm=] [mech=pam]

すると認証に通るようになりました
でも自分の環境ではtelnetして直接認証するとError: authentication failed: authentication failureが返ります

・・・以下、後日談・・・

SMTP-AUTHの認証をデバッグ

saslauthd[3611] :do_auth         : auth success: [user=+++] [service=smtp] [realm=...........] [mech=pam]

結論としてはSASL認証自体はしっかりimapではなくsmtpを使用しているので問題ではありませんでした

原因はテストに使用していたクライアントのhostsファイルに全然別のサーバのIPが定義されており
無関係なサーバにつないでいることが原因でした。。。

参考サイト
繰り返し的な処理を自動化する – いますぐ実践! Linuxシステム管理 / Vol.212

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)