Raspberry Pi Wifi GW-USValue-EZ 安定させる ハードウエアを改造する前に要確認
3月 8, 2014 — 21:16

Rapsberry Piに無線LANアダプタ(GW-USValue-EZ)を接続して使用していたところ、非常に不安定で作業中に度々切断されることから対策してみた。

これまでに、セルフ給電式のUSBハブの導入や、Raspberry Piのコンデンサ交換などを試みたが一向に解消する兆しがなかった。
それらのことから、無線LANアダプタについて調べたところ使用されているチップセットの省エネモードが原因であることがわかった。

ちなみに、PLANEX(GW-USValue-EZ)以外の無線LANでもチップセットがRealtekのRTL8192CUである場合は同様に対策できる。

結果が1であった場合、省エネモードで動いている
$ sudo cat /sys/module/8192cu/parameters/rtw_power_mgnt

設定ファイルを作成し下記の行を記述する
$ sudo vi /etc/modprobe.d/8192cu.conf

# Disable power management
options 8192cu rtw_power_mgnt=0

再起動して設定を適用する
# sudo reboot

参考サイト
Raspbian で Wi-Fi がスリープするのを防ぐ – CO’s Home ~ Boiling Water River & Morning Forever
linux – How do I disable suspend mode? – Raspberry Pi Stack Exchange

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)