ディスククオータに残ったUIDを削除する CentOS5
11月 19, 2013 — 16:43

ディスククオータに残ったUIDが以前より残ってるのが気になっていたので削除してみた

ディスククオータに既に存在しないユーザのUIDが残っている場合の例
# repquota -atv

*** Report for user quotas on device /dev/sda6
Block grace time: 7days; Inode grace time: 7days
                        Block limits                File limits
User            used    soft    hard  grace    used  soft  hard  grace
----------------------------------------------------------------------
root      -- 7839076       0       0          33729     0     0
orbit     --    1192       0       0             80     0     0
#1683     --       0 5242880 6291456             88     0     0

ディスククオータに残っている既に存在しないユーザのUIDを削除
# edquota -p nobody 1683

これで再度確認すると削除されているはずです

参考サイト
Factory-AJ Blog: 削除したユーザが、repquota で表示されるのを削除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)