CentOS 5.9 ClamAV SELinux環境で実行する
7月 8, 2013 — 19:51

ClamAVをインストールして起動しようとしたらエラーを吐いたのでメモ
# service clamd start

Starting Clam AntiVirus Daemon: LibClamAV Warning: RWX mapping denied: Can't allocate RWX Memory: Permission denied
LibClamAV Warning: Bytecode: disabling JIT because SELinux is preventing 'execmem' access.
Run  'setsebool -P clamd_use_jit on'.

言われた通りにSELinuxを設定しようとコマンドを実行してもエラーを吐く
# setsebool -P clamd_use_jit on

libsemanage.dbase_llist_set: record not found in the database
libsemanage.dbase_llist_set: could not set record value
Could not change boolean clamd_use_jit
Could not change policy booleans

下記の様にコマンドを実行すれば良いらしい。
# setsebool -P clamd_disable_trans on

正常に起動できる事を確認する
# service clamd start

Starting Clam AntiVirus Daemon:                            [  OK  ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)