dovecot 落ちる dovecotが必死に自殺(終了)するのを全力で阻止してみる 
2月 13, 2013 — 21:16

以前から気になっていたのですが、時間がズレるとDovecotが自分の仕事を放棄して勝手に自滅する問題についてまじめに対策しようかと思います。

Nagiosから夜中に大量にアラートが届くのでもう、管理しているこっちが死にそうです。

どうも、時間が進んでいるところNTPサーバとの同期でいきなり時間が戻るのが原因のようです。

対策としては
ntpdで-xオプションを使用するか、ntp.confに”tinker step 0″を設定する。
Dovecotを諦めてCourier-IMAPを利用する。

Courier-IMAPはVineLinuxでサーバを構築していた時に利用していて良いソフトだったのですが、今回は、うつ気味なDovecotをなんとかなだめて対応したいと思います。

起動オプションを操作する方法はサーバを再構築した際に、設定し忘れる可能性が高いため今回は設定ファイルに記述する方法にしてみました。

ということで、”/etc/ntp.conf”の先頭に下記の設定を追記してみた。
# vi /etc/ntp.conf

# The configuration directive tinker panic 0 instructs NTP not to
# give up if it sees a large jump in time.
tinker panic 0
tinker step 0

※ これらの設定は先頭であるほうが良いようです。

設定の内容
panic 0は時間が大幅にずれた時にNTPDが勝手に終了しないようにする設定
step 0は大きく時間がズレてた場合、一気に時間を修正しないようにする設定

通常の人はここまでで設定完了です。NTPDを再起動しましょう。
# service ntpd restart

VMwareなどを利用してサーバを運営している場合はVMware toolにてホストサーバから時間の同期がなされないことを確認しておく必要が有るようです。

ホストサーバから時間の同期が無効になっていることを確認し
# vmware-toolbox-cmd timesync status
もしも有効になっている場合は無効化しておきます
# vmware-toolbox-cmd timesync disable

参考サイト一覧
dovecotが自殺する(落ちる)件。: ネットワーキングすきま情報
VMware KB: Linux ゲストの時刻管理のベスト プラクティス
【Linux】dovecotが落ちる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)